御正忌報恩講

 
徳蓮寺では、

お彼岸の期間中(秋分の日をお中日とする1週間)は
毎日
本堂でお勤めがあり お話が聞けます。
 

 

〜2015年の記録〜 以前の記録はこちら

徳蓮寺のお彼岸の行事は長いねぇ。1週間ずっと本堂でお話があるんだって。

住職は「お寺の行事においで下さい」って言うけれど、

いったいどんな事をしてるか分かんないし、なかなか行く気にならないよ。

そんなあなたの思いに寄り添います

今年だけの特別企画『やっちく二人会』




南立亭千笑

(なんたっていせんしょう)

アマチュア噺家

俗名 八木千春、法名 釋千証

昭和17年岐阜県生まれ

名古屋市営地下鉄の運行責任者を務める。現在は鉄道関係の仕事を続けながら、仏法聴聞と各種ボランティア活動を行う。

竹原 了珠

(たけはら りょうしゅ)

真宗大谷派浄願寺僧侶

昭和45年石川県生まれ

東本願寺同朋会館補導、名古屋教区駐在教導を経て能登に戻る。現在は東本願寺の再生プロジェクトメンバーとして未来の大谷派を背負うべく大絶賛活躍中



相方の話芸を見守り・・・
  自らの糧とする
講師を招いての二日間の彼岸法要(朝の部・昼の部)と
午後のみ住職か前住職がお話をする彼岸会もお勤めしました。
人気の前住職
講師の毛利明法先生
(行橋市・伝因寺)
真面目な住職
質問です。

時間があるので
朝の部と昼の部を
続けて参加してもいいですか?

はい!
 そんな方は何人もいらっしゃいます。
 庫裏(お寺の住まい部分)で一汁一菜の簡単な食事を用意していますので、話しをしながら楽しく休み時間をお過ごしください。