6月の壮年研修会について

壮年研修会中止のお知らせ

 コロナ騒動が始まって以来百日余り、不自由なくらしがつづいております。この世は私達が努力しても、どんなに願っても、思うようには動いていかないことを多くの人が知りました。自分に何が起こってくるのか、そのことには全く手が出せないことはすでに佛教で教えられています。必ずしも善因善果ではありません。しかしこの身にもち上がってきた事実を、どのように感じるか、どのように受け取るかは、私達に与えられている自由です。そこにその人の人生があります。かつてユダヤ人のフランクルは、人が生きる価値として、態度決定する価値といっております。我身におこってきた事実に対して、どのような態度を決めるか、そこにその人の生きる価値があるというのです。おこってきたことがらよりも、そのことに対応するこちらの姿勢・行動にこそ生きる意味があると教えています。
私達はどういう状況の中でも生きねばなりません。思い通りにいかない現実を嘆き、愚痴を言って生きるか、それとも困らせている現実を一つの転機として、今まで気づかなかったくらしを見つけるとか、これまでなかった心が生まれていることを知るくらしになるか、そこに生きるうえで大きな開きがあります。こういう窮屈な日々ですが、再び帰ってこない大切な御縁として過ごしていただきたいと願っております。
今月も壮年研修会を中止することといたしました。現状を考えると再開の見通しは全く立ちません。人が集まり触れ合うことで成立してきた聞法会ですがそれが叶わない今、再開までどのように歩んでいくかともにお考え下さい。壮年会へのご意見ご要望、最近感じていることや気になった言葉・本など何でも結構です。お手紙・メール・お電話でお寄せ下さい。皆さまのお声をお待ちしております。                     合掌
前住職 伊藤元
メールアドレス tokuren@ceres.ocn.ne.jp
電話番号    (093)531ー1015

2020年06月13日